Home

概念や関係性を視覚化した図像、通称ポンチ絵。
行政や教育などの公的機関で多用されています。

ポンチ絵は複雑な情報を視覚化し、人々に伝達・共有することができる大切な図形言語ですが、その制作手法や質に課題を抱えています。

このポンチ絵を誰もが自信を持って、効率的に作れるようになるのが、このプロジェクトの目標です。私たちは様々なポンチ絵を収集し、その中から最適化すべきデザインを見つけ、フォーマットデータや多人数でポンチ絵を創造するためのワークショッププログラムの提供などを行い、当事者デザインを支援します。

等角投影図という図法を使って、研究内容を研究者自身が視覚化できるようになり、さらに他の研究者の研究活動との連携を視覚化するワークショッププログラムです。

最新ニュースをチェック!