医療機関における新型インフルエンザ等対策 立案のための手引き

新たなインフルエンザが日本で流行した際、政府や、医療機関がそのような対応を取れば良いのか、対策を立案する際の参考となるよう作成された手引きである。平成21年以降改良していなかったため、平成25年に改正した。

これはインフルエンザが社会に拡散されるまでのプロセス図で、改正前と改正後の計画の比較もしている。もっとも上位にある線グラフは、段階によってどのくらいの患者がいるのか。