事例:東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター

富田 誠 / 東海大学, 有賀 雅奈 / 東北大学研究推進・支援機構URAセンター, 田中 香津生/ 東北大学サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター, 高柳航 /国立環境研究所, 工藤 拓也/ Sponge, 植田育代/東海大学

まずは簡単なトレーニングから
自分の部屋を描いてみましょう。

 

どうすれば上手く描けるか、皆で共有しましょう
研究に使われる機器を実際に見てみましょう
描きながら聞きましょう
研究者が描きながら説明し、聞いている人も描きながら記録しましょう
より良い表現を選びましょう
みやすいようにペンで清書しましょう
ハサミで切って配置しましょう
この図方はいくらでも広げることができます
補足するポイントを付箋に書いていきましょう。
全体像ができました。写真を撮って記録しましょう。